歯磨きをしていますか?

3歳以上の犬の約80パーセント、猫は約70パーセントが歯周病にかかっているといわれています。

歯周病を放っておくと口臭が強くなるだけではなく、歯肉が腫れて痛みが生じます。

ひどい場合には歯が抜け落ち、臓器への悪影響が心配されます。

幼い頃から歯のケアをする習慣をもちましょう。

歯周病に気をつけましょう

 

歯周病による症状のチェックリスト

  • 口臭がある
  • よだれが出る
  • 歯のぐらつき、歯が抜ける
  • 食事が食べにくそう、食べようとしない
  • 口元を気にする
  • 食べこぼしが多い
  • 歯石が溜まり歯ぐきが炎症している

 

このような様子がみられましたら早めに動物病院へ。

 

歯周病を予防しましょう

 

歯みがきをしましょう

幼いときから歯みがきの習慣をつけましょう。

指にガーゼを巻いて優しく歯をこすり、歯肉をマッサージするところから始めます。

慣れてきたら歯ブラシを使いますが、嫌がらない程度にならしていきましょう。

おもちゃを与えましょう

噛んで歯垢を落とすタイプのおもちゃを与えるのもよいでしょう。

しかし、硬いおもちゃは歯を痛めてしまう場合がありますので注意しましょう。

歯垢のつきにくいごはんを与えましょう

噛むことで歯の汚れ・歯垢・歯石を溜まりにくくするタイプのごはんを与えるのもよいでしょう。

 

日頃からの歯みがきの習慣が予防につながります。

それでも歯垢は少しずつ溜まってしまいます。

日頃のケアをしっかり行いましょう。