犬のアレルギーについて

最近異常にからだを引っ掻いたりなめたりなど、かゆみを表す行動をしていませんか?

発症しやすい皮膚病に感染症アレルギーがあります。

 

感染症は細菌やカビ、寄生虫などが皮膚で増え炎症反応が起こりかゆがります。

アレルギーは多くの原因が考えられ、原因物質により炎症反応が起こりかゆがります。

アレルギーに多い原因はノミアレルギー性皮膚炎食物アレルギー性皮膚炎などがあります。

 

代表的な皮膚病
アトピー


ノミアレルギー性皮膚炎


食物アレルギー性皮膚炎


疥癬

 

 


アトピーもアレルギーのひとつで強い炎症反応によりとてもかゆがります。

アトピーに多い原因はチリダニや花粉などがあり体質により様々です。

原因を特定するには考えられるかゆみの元を取り除いていき、残ったものが原因となります。

アトピーの診断にはノミ・ダニを除外する事が大切です。

1

1

アトピーの予防策

 

■生活環境の改善■

犬の寝床を清潔にしましょう。

室内犬の場合はお部屋全体を綺麗にし、湿気を取り除きましょう。

室内は湿気が溜まりやすくチリダニが増えやすくなります。

 

■ごはんやおやつを変えてみる■

かゆみの原因となる食物アレルゲンが含まれている場合があります。

食物アレルギー専用のごはんを与える場合は獣医師と相談してから与えて下さい。

この方法では専用のごはん以外は与えないことが重要となります。

 

■皮膚の状態を整える■

皮膚の状態を見て専用の薬用シャンプーを使い予防します。

病院で皮膚の状態を検査してから使用しましょう。

1
1

アトピーは過剰な免疫反応で起こる皮膚病です。

あまりのかゆさに体をかきむしり、傷つけてしまう子もいます。

早めに対策を行い、かゆみでつらい思いをさせないように心がけましょう。